私が朋和会で、理学療法士として働く理由。

REHABILITAION STAFF

藤村 政徳

  • Career
  • 2014.03
    吉備国際大学 保健科学部(現 保健医療福祉学部)卒業
    2014.03
    医療法人社団朋和会に理学療法士として入職
  • GUESTION01

    なぜ理学療法士に?
    幸せや苦労に寄り添い、
    たくさんの時間を共有できる仕事。
  • 母が看護師だったこともあり、医療系の仕事に就きたいという思いがありました。
    理学療法士以外にも、作業療法士や臨床検査技師などいろいろな仕事がありますが、 高校生の時にたまたま理学療法士の方の仕事を見学をする機会があり、 「先生のお陰でここまで歩けるようになりました」と涙ながらに話をされる場面に遭遇し「これしかない!」と決意しました。
    世の中に人の笑顔を作る仕事はたくさんありますが、直接その方の幸せや苦労に寄り添い、 たくさんの時間を共有できるのは、リハビリ職ならではの喜びではないかと思います。
    就職先としてこちらを選んだのは、就職活動でいろいろな病院を見学させてもらった中で、 リハビリ室の雰囲気が明るく、患者さんも職員も笑顔の人が多いことに感動したからです。
    もちろん、大変なリハビリですから苦しそうな方もいらっしゃいますが、前向きな表情の方が多く、 廊下で他の職員とすれ違ってもやっぱり笑顔で、「こんな病院で働きたい!」と思ったことを覚えています。

QUESTION02

今の仕事を通して
感じることは?

もっと広い視野を持ち、患者さんの生活を支えたい。
当院は回復期の病院なので、患者さんたちが退院したら、家に帰って生活をすることが目標です。
退院後の生活を想像して必要なリハビリを行っていくのですが、まだまだ僕には想像できていない部分が多く、 いつも看護師やほかのリハ職の人達の視点から学ばせてもらい、助けられることばかりです。
例えば、ある患者さんがご自宅でトイレに行けるかどうかを判断する際に、 僕の知識では「ベッドから起き上がれるか」「歩けるか」「衣服を着脱できるか」など身体的な機能にばかり注目してしまっていたのですが、 患者さんが困るのは意外とそういったことではなく、 「昼と夜とで環境にどのような違いがあるのか」「パッドを付け替えられるか」「便秘をしていたら自分で認識できるか」といったことに配慮しなければなりません。
退院後の生活を支援するための制度のことや、福祉用具のことなども知識を深めて、もっと広い視野で、 物事を考えられるようにならなければならないと感じています。
  • QUESTION03

    理学療法士としての今後の目標は?
    回復期で研鑽を積み、
    生活期での課題に取り組めるように。

    まだまだ日々学ばせていただき、技術も知識も磨いていくことが大切なのですが、いつか生活期でも働いてみたいと考えています。
    回復期病院を退院する時が身体能力的なピークになり、生活期に移行すると身体能力が低下してしまう患者さんもいらっしゃるという実態があるので、 退院後の課題がどこにあるのかを自分の目で確認し、少しでも改善できたらという思いです。
    朋和会の中には生活期に関わる施設やサービスもあるので、しっかりと経験を積めば、希望を叶えるチャンスもあるのではないかと思っています。
    そして患者さんやご家族はもちろんのこと、一緒に働く職員からも頼りにされる理学療法士になることが目標です。
    自分が目指したいと思う先輩が身近にたくさんいる職場なので、仕事をするうえで大きな励みになっています。

SCHEDULE ある1日のスケジュール

  • 8:30 | 出勤

  • 9:00 | 朝ミーティング

  • 9:25 | 午前のリハビリ開始

  • 12:15 | 昼休み

  • 13:15 | 午後のリハビリ開始

  • 17:30 | カルテ入力、書類作成、係・委員会、研修・勉強会など

  • 18:30 | 退勤

MESSAGE
入職希望者へメッセージ

当院は職員数が多いので、様々な知識や考え方に触れなから、お互いに刺激し合い、日々研鑽を積める職場です。
苦しい時、嬉しい時にお互いの気持ちを共有し、励ましあえる仲間もたくさんいます。
「多くの人を笑顔にしたい」という気持ちのある方はぜひ朋和会の仲間に加わっていただき、 患者さんのより良い生活のために一緒に頑張っていけると嬉しいです。

興味をお持ちの方は、
まずはフォームからエントリーしてください。
採用についてのお問い合わせもこちらから出来ます。

採用お問い合わせ・エントリーフォーム採用お問い合わせ・エントリーフォーム