私が朋和会で、言語聴覚士として働く理由。

REHABILITAION STAFF

岡野 つぐみ

  • Career
  • 2014.03
    県立広島大学 保健福祉学部 コミュニケーション障害学科卒業
    2014.03
    医療法人社団朋和会に言語聴覚士として入職
  • GUESTION01

    なぜ言語聴覚士に?
    生活に欠かせない
    “話すこと”、“食べること”
    の専門家。
  • 中学生の時にテレビ番組で初めて言語聴覚士という職業を知りました。
    そして、高校生の時に、祖父が脳梗塞になって、言語聴覚士のリハビリを受けることになりました。
    実際にリハビリを見学させてもらい、人にとって大切な”話すこと”と”食べること”を支える言語聴覚士になりたいと思うようになりました。
    言語聴覚士に関して調べていく中で、仕事の内容の幅広さを知り、より興味を持つようになりました。
    朋和会に入りたいと思ったのは、最も患者さんの状態の改善が見られる回復期に携わりたかったのと、
    まだまだ認知度の低い言語聴覚士が約20名も活躍していることが主な理由です。
    言語聴覚士は1人だけという職場もあると聞きますが、ここなら先輩や同僚からも学べる環境があると思いました。

QUESTION02

この仕事の魅力とは?

元の生活を少しずつ取り戻し、ともに喜び合える。
言語聴覚士にもいろいろな分野があるのですが、この病院では主に、 脳血管障害によって言葉を話すことや嚥下(食べ物の飲み込み)に障害がある方に対してリハビリを行っています。
嚥下のことで例えると、最初は口から食事ができない方も多いのですが、リハビリすることによって、少しずつ食べられるようになっていきます。
言葉がうまく出ない方とも、コミュニケーションの部分にしっかり時間をかけて関われるのは、 言語聴覚士ならでは。食べる喜びや、伝える喜びは、人が生きていく上でとても大切なことです。
患者さんがリハビリによって、元の生活を少しずつ取り戻し、ともに喜び合えるのが、この仕事の魅力ではないでしょうか。
  • QUESTION03

    言語聴覚士としての今後の目標は?
    より日常生活に近いところで
    役に立ちたい。

    以前、研修として訪問リハビリに同行させてもらったことがあります。
    その際に感じたのが、やはり病院は守られた空間だということです。
    退院して帰宅されてからの生活は、入院生活とは環境も大きく変化し、患者さんもご家族も不安の気持ちがあると思います。
    今は5年目なので、まだまだしっかりと経験を積んでいかなければいけませんが、入院中から在宅を想定したリハビリを提供し、より日常生活に近いところで言語聴覚士としてお役に立てるようになることが目標です。

SCHEDULE ある1日のスケジュール

  • 8:30 | 出勤、1日のスケジュール確認、カルテから情報収集

  • 9:00 | 午前のリハビリ開始

  • 12:15 | 昼休み

  • 13:15 | 午後のリハビリ開始

  • 18:00 | カルテ入力、研修・勉強会など

  • 18:30 | 退勤

MESSAGE
入職希望者へメッセージ

西広島リハビリテーション病院は、リハビリ職のスタッフ数が多く、先輩からアドバイスを受けたり、仲間と相談し合ったりできる職場です。
多くの職種のスタッフが働いていますが、他スタッフともコミュニケーションがとりやすい環境です。
チーム医療で患者さんにアプローチを行っている病院なので、言語聴覚士としての仕事に誇りを持ち、自分のスキルを高めていきたいという思いの方には、すごく恵まれた環境が整っていると思います。

興味をお持ちの方は、
まずはフォームからエントリーしてください。
採用についてのお問い合わせもこちらから出来ます。

採用お問い合わせ・エントリーフォーム採用お問い合わせ・エントリーフォーム