私が朋和会を選んだ理由 Reason to choose

MUSIC THERAPIST 音楽療法士

QUESTION 01 朋和会に入ったきっかけ

多職種とともに患者さんに関われる職場

音楽療法の中でも神経学的音楽療法に興味があり、病院の業務を見学させていただきました。 こちらでは、音楽療法士が理学療法士や作業療法士と一緒になって皆でリハビリを行っている姿が 印象に残っています。その音楽療法士さんが私の大学の先生とつながりがあったということもあっ て、ここで働かせていただくことに決めました。

QUESTION 02 なぜ音楽療法士に?

好きな音楽を仕事に

もともと音楽が好きで、子供の頃からピアノやリトミック(音楽に合わせて体を動かすことで潜在 能力を引き出す教育法)、ジャズダンス、吹奏楽などに親しんできました。好きなことを仕事に活か したいと思いましたが、練習があまり好きではなかったんで、ピアニストとかは向いていないかな と...。ちょうど、姉が目指していた大学に音楽療法の科があるよと勧めてもらって、目指すことにし たんです。

QUESTION 03 仕事に関するエピソード

多職種協働で、音楽を中心とした支援を

2 年目くらいの時に、もともと音楽活動をされていて、バンド復帰を目指すという患者さんを担当さ せていただきました。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と連携して、楽器を演奏するための上腕 や指の訓練とか、高次脳機能障害がある中でどうすればリズムがとれるようになるかなど、話し合 いながら進め、退院前には院内でコンサートを開くところまで達成できました。その患者さんにと って音楽は命の次に大事なものだそうで、その後も来院されるたびに、「訓練はしんどかったけど、 ここで頑張って本当に良かった。」と言ってくださいます。

QUESTION 04 今後のビジョンは?

退院後にも音楽療法をつなげたい

最近は県内でも音楽療法を行うサービスや施設が増えてきています。当院で音楽療法が効果的だった患者さんに対して、そういったサービスや施設にどれだけつなげるか、また音楽療法士どうしで どれだけ連携がとれるかというところは、今後強化していきたい点ですね。また、退院後も続けたい なと患者さんが思ってくれるような日々のリハビリを提供していきたいと思います。

SCHEDULE ある1日のスケジュール

8:30
出勤、準備(スケジュール設定・伝達)
9:00
朝ミーティング
9:25
「ラジオ体操・今日の1曲」に臨床で関与
10:10
臨床(個別療法・集団療法)
12:00
昼休み
13:00
臨床(個別療法・集団療法)
17:00
終礼・のき下ミーティング・音楽療法ミーティング
18:30
退勤

MESSAGE 入職希望者へメッセージ

スタッフ同士の仲が良く、いろいろな職種の方と話しやすいですし、視野を広げられる環境が整っ ています。また、ここまで積極的に音楽療法士が介入している病院は県内にはないのではないかと 思います。他では経験できない臨床ができると思いますよ。

リハビリスタッフ 募集のためのご案内2022

理念・組織・教育・職場の風景・福利厚生などのご案内をまとめたパンフレットです。

(3.88MB)